曽根研究室Online

ホーム | English | サイト案内 | 連絡先

更新情報

2016/03/24 ホーム - 2016年度春学期 曽根泰教研究会 新規生募集
2016/01/04 ホーム - 2015年度曽根泰教研究会OB/OG会
2015/10/07 政策デザインWS - 2015年度秋学期 授業シラバス
2015/10/07 ホーム - 2015年度秋学期 曽根泰教研究会 新規生募集
2015/10/07 研究会2 - 研究会シラバス(2015年度秋学期)

お知らせ

2016/03/24 2016年度春学期 曽根泰教研究会 新規生募集

2016年度春学期のシラバスを公開しました。
今期は2つの研究会を開催致します。履修希望の方はご連絡いただくか、直接第一回講義にご参加下さい。

研究会1「政策分析と政策決定過程」
http://vu8.sfc.keio.ac.jp/course2014/summary/syll_view_c.cgi?yc=2016_37560&lang=ja&ks=00102

研究会2「討論型世論調査(KeioDP)の実行」
http://vu8.sfc.keio.ac.jp/course2014/summary/syll_view_c.cgi?yc=2016_37561&lang=ja&ks=00102

※慶應義塾大学以外からの参照の場合、CNSのパスワード認証を行っています。

説明会や研究相談等は随時開催しておりますので、
新規履修を希望される方は、お気軽にta@pac.sfc.keio.ac.jpまでメールにてご連絡ください。

研究会概要についてはSFCのウェブサイトでも紹介されていますので、
こちらもご参考にしてください。

SFCの現場 曽根泰教研究室
http://www.sfc.keio.ac.jp/introducing_labs/20130220_2.html

2016/01/04 2015年度曽根泰教研究会OB/OG会

2016年1月9日(土)、三田ファカルティクラブにて開催予定
OB/OGの皆様にはご案内を発送しております。届いていらっしゃらない方はお手数ですが下記メールアドレス(*星マークを@に変えてください)までご連絡いただければと思います。

ob*pac.sfc.ac.jp

2015/10/07 2015年度秋学期 曽根泰教研究会 新規生募集

今期は2つの研究会を開催致します。履修希望の方はご連絡ください。

研究会B(1)
「政策分析と政策決定過程」

研究会B(2)
「討論型世論調査(KeioDP)の実行」

http://vu.sfc.keio.ac.jp/project/index.cgi?mode=2

2015/04/07 2014年衆院選ボートマッチ、検証座談会

曽根泰教先生が、2014年参院選に合わせて実施された毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと」の監修委員を務め、片山善博慶応大教授(地方自治論)、松本正生埼玉大教授(政治意識論)と共に、検証の対談に参加しました。
http://senkyo.mainichi.jp/news/20141221ddm010010032000c.html

2013/12/15 インタビューが掲載されました

12月15日東京新聞朝刊に、曽根泰教・DP研究センター所長のインタビュー記事が掲載されました。
記事内で先日発売になった『「学ぶ、考える、話し合う」討論型世論調査―議論の新しい仕組み』(ソトコト新書)も紹介されています。
ぜひご一読ください。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013121502000119.html

2013/10/24 『「学ぶ、考える、話しあう」討論型世論調査―議論の新しい仕組み―』

2013年10月1日に木楽舎ソトコト新書より、 『「学ぶ、考える、話しあう」討論型世論調査―議論の新しい仕組み―』(曽根泰教、柳瀬昇、上木原弘修、島田圭介 著)が発行されました。

2011年に発売された『人々の声が響き合うとき―熟議空間と民主主義』(ジェイムズ・フィシュキン著、曽根泰教監修、岩木貴子訳)に続く、日本語で2冊めの討論型世論調査の解説書です。討論フォーラムの具体的なプロセスを、一般の方にもイメージしやすいようにまとめてあります。

一人でも多くの方に興味を持っていただき、手にとって頂ければ幸いです。

本に関する取材、お問合せはkeiodp@sfc.keio.ac.jpまでご連絡ください。

2013/08/02 「慶應義塾の授業へ出かけよう!講義入門2013」

 8月4日13時より三田キャンパスにて曽根泰教先生が「SFCで政策を学ぶ」というタイトルで模擬講義を行います。

 パンフレットを兼ねた講義目次をアップロードいたしました。
http://www.admissions.keio.ac.jp/event/lecture.html
files/1375404256kougigudide.pptx

2013/08/02 識者座談会「与党圧勝 政権運営をどうするべきか」(共同通信社配信)


 参議院選挙後の識者座談会「与党圧勝 政権運営をどうするべきか」に曽根泰教先生が八田達夫氏、江川紹子氏と共に参加し、共同通信社から全国のブロック紙・地方紙に配信されました。
 信濃毎日新聞7月23日号をアップロードいたしました。
files/1375403807kyodo0723.jpg

2013/08/02 毎日新聞ボートマッチ検証記事「えらぼーと:参院選、監修委員検証 政治、次代のために」

 曽根泰教先生が第23回参院選に合わせて実施された毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと」と「えらぼーとジュニア」の監修委員を務め、片山善博慶応大教授(地方自治論)、松本正生埼玉大教授(政治意識論)と共に、検証の対談に参加しました。
 
http://senkyo.mainichi.jp/news/20130801ddm010010030000c.html

2013/07/30 グーグル日本法人などとの参院選ビックデータ共同研究

 7月30日に、曽根泰教先生がグーグル日本法人、インテージ、ブレインパッドと実施しておりました7月21日投開票の参院選ビッグデータ共同研究に関し、速報結果の記者会見が行われました。

「関東圏の20~69歳男女2041人を対象に5~7月と選挙後の7月22日にインターネットを通じて実施した。調査対象者のテレビや端末に計測器を取り付け、約3300万件のデータを解析・分析した」研究となります。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK30015_Q3A730C1000000/

2013/07/13 新規履修説明会 開催

曽根泰教研究会では、2013年度秋学期からの新規履修を希望する方向けに説明会を行います。
大学院生が履修に関する相談や、研究に関する相談にも乗りますので、お気軽にお越しください。

日時:2013年7月17日(水)15:00-
場所:ο13(オミクロン13教室)

以下のリンクもご覧になってください。

http://www.facebook.com/events/553728361352669/

事前に質問がある場合や、「予定が合わないから別日程で開催してほしい」という希望がある場合は、 ta@pac.sfc.keio.ac.jp まで。

2013/07/02 2013年度秋学期新規履修者募集

2013年度秋学期のシラバスを公開しました。

研究会1「日本の政策課題と政策決定過程の問題」
https://vu8.sfc.keio.ac.jp/course2007/summary/syll_view.cgi?yc=2013_37562&ks=00102

研究会2「討論型世論調査(DP)とプロジェクトマネジメント」
https://vu8.sfc.keio.ac.jp/course2007/summary/syll_view.cgi?yc=2013_37563&ks=00102

※SFC以外からのアクセスの場合ログインが必要です。

説明会や研究相談等は随時開催しておりますので、
新規履修を希望される方は、お気軽にta@pac.sfc.keio.ac.jpまでメールにてご連絡ください。

研究会概要についてはSFCのウェブサイトでも紹介されていますので、
こちらもご参考にしてください。

SFCの現場 曽根泰教研究室
http://www.sfc.keio.ac.jp/introducing_labs/20130219.html

2013/04/17 特別講義「政策に向き合う:Decision-makerとPolicy-makerを育てる」

去る2013年1月22日に曽根泰教教授の特別講義「政策に向き合う:Decision-makerとPolicy-makerを育てる」が行われました。
慶應義塾大学湘南藤沢学会の最終講義録・特別講義録に紹介されています。ぜひご覧になってください。
http://gakkai.sfc.keio.ac.jp/lecture/

2013/02/20 新規履修者募集

SFCトップページに曽根泰教研究会が紹介されています。ぜひご覧になってください。
 http://www.sfc.keio.ac.jp/introducing_labs/20130219.html


来期も曽根泰教研究会は継続されます。火曜日4限に研究会1、火曜日5限に研究会2が開講されます。
シラバスは以下のURLからご確認ください。

研究会1:
  http://vu8.sfc.keio.ac.jp/course2007/summary/syll_view_c.cgi?yc=2013_37560&lang=ja&ks=00102
研究会2:
  http://vu8.sfc.keio.ac.jp/course2007/summary/syll_view_c.cgi?yc=2013_37561&lang=ja&ks=00102

曽根泰教研究会に興味のある方は、研究会SA桒原(ta@pac.sfc.keio.ac.jp)に連絡してください。曽根泰教研究会についての疑問を解消します。
また、個人研究などでお悩みの方も大学院生などが相談に乗りますので、気軽に連絡ください。

2013/01/24 政策デザインWS・優秀事例

1/22の曽根泰教教授特別講義で取り上げられた、
2012年度秋学期の「政策デザインワークショップ」において学生により作成された政策分析・政策マップ作りの優秀な事例です。

TPP(環太平洋経済連携協定)をテーマとした資料です。アップロードします。

files/1359039057a.pdf

2013/01/16 2013年度・曽根研究会説明会について(1/22・15時〜)

2013年度の曽根研究会の説明会を開催します。

曽根先生の特別講義の後に開催しますので、
曽根研究会に興味がある方は、
講演会と合わせてぜひご参加ください。

【2013年度・曽根研究会説明会】
1月22日(火)15時〜16時
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスk12教室
※曽根先生も出席されます

2013/01/09 曽根先生の特別講演会(1月19日)についてのご案内

 曽根泰教先生の慶應義塾大学退職を記念する講演会「政治学40年」と記念シンポジウムを開催することになりました。ただし、曽根先生は今後も慶應義塾大学政策・メディア研究科の教授(有期) を継続するため、最終講義ではなく、特別講演の形で開催いたします。また、第2部のシンポジウムでは、パネリストとの多面的な議論が行われる予定です。

本特別講演会・シンポジウムは事前登録制となっております。 ご参加をご希望の方は、前日の1月18日(金)までに担当の松原(marin@sfc.keio.ac.jp)までご連絡をお願い致します。

----曽根先生・記念講演会・記念シンポジウム----
日時:2012年1月19日(土)15時30分~17時30分(15時00分開場)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
講演:曽根泰教先生「政治学40年」
シンポジウムパネリスト:曽根先生、大山耕輔(慶應義塾大学)、増山幹高(政策研究大学院)、三浦まり(上智大学)、彦谷貴子(防衛大学校)
問い合わせ先:曽根研究室・松原真倫(marin@sfc.keio.ac.jp)

2012/12/12 曽根先生の特別講義(1月22日)についてのご案内

1月22日(火)13時より曽根先生の特別講義「政策と向き合う:policy maker,decision makerの育成」を行います。

本講義は「政策デザインワークショップ」の第14回授業として行われますが、
授業履修者以外の聴講も可能です。
聴講を希望される方は、以下の担当者のメールアドレスまでご連絡ください。

日時 :1月22日(火)13時〜14時30分
場所 :慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスΚ館23教室
連絡先:松原真倫(政策・メディア研究科博士課程)ta@pac.sfc.keio.ac.jp

※なお曽根先生は来年度より政策・メディア研究科教授(有期)としてSFCに在籍されます。

2012/12/10 毎日ボートマッチ

 曽根泰教が監修委員を務めたWebサイト「毎日ボートマッチ」が公開されています。衆院選の争点に関する20個の質問に答えると、自分と政党や候補者との考え方の近さが測定されます。
 投票の参考にお役立て下さい。
http://mainichi.jp/votematch/

2012/10/04 エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査

慶應義塾大学DP研究センターWebサイトでは、
「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」の調査結果、データ、資料を公開しています。
http://keiodp.sfc.keio.ac.jp/

2012/07/15 エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査

政府は、エネルギー・環境の選択肢に関する国民的議論の1つとして、エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査を実施することになりました。慶應義塾大学DP研究センターは、エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査の開催に全面的に協力しています。

詳しくは慶応義塾大学DP研究センターWebサイトをご覧ください。
http://keiodp.sfc.keio.ac.jp/

2012/3/26 インタビューが掲載されました

ロイターのウェッブサイトにインタビュー記事が掲載されました。

【討論型世論調査で分かる深い民意、政治課題解決に有効=曽根泰教教授】
http://jp.reuters.com/article/jpopinion/idJPTYE82P01B20120326

2012/1/23 「年金をどうする〜世代の選択」調査報告書

討論型世論調査「年金をどうする~世代の選択」の調査報告書を公開しました。
慶應義塾大学DP研究センターWebサイトよりご覧ください。
http://keiodp.sfc.keio.ac.jp/

2011/12/23 国際シンポジウム「討論型世論調査による熟議民主主義-世代を超える問題を解決できるか」

2012年1月20日に三田キャンパスにて国際シンポジウム「討論型世論調査による熟議民主主義-世代を超える問題を解決できるか」を開催いたします。

詳しくは慶應義塾大学DP研究センターのWebサイトをご覧ください。
http://keiodp.sfc.keio.ac.jp/

2011/11/30 2012年OB会

OB会のページを更新しました。
http://www.pac.sfc.keio.ac.jp/sone-lab/ob.php

2011/08/16 討論型世論調査関連の記事

朝日新聞 2011年5月30日朝刊「年金改革で市民熟議 慶応大が討論型世論調査」
朝日新聞 2011年6月5日朝刊「ザ・コラム、根本清樹 次世代のために 民主主義を深める新しい道」
岩手日報他(共同通信配信)2011年7月1日 「注目の討論型世論調査:テーマ「熟議」経て回答」
朝日新聞 2011年7月2日朝刊 耕論 曽根泰教「世論調査に熟議を生かせ」

詳しくは慶應義塾大学DP研究センターのWebサイトをご覧ください。
http://keiodp.sfc.keio.ac.jp/

2011/08/16 曽根研究室関連の最近の出版

岩崎正洋編著『ガバナンス』(勁草書房、2011年8月) 第1章の曽根泰教「ガバナンス論-新展開の方向性」19-33.
J・フィシュキン『人々の声が響き合うとき』(曽根泰教監修)(早川書房、2011年4月)
曽根泰教編『日韓比較:マニフェストで自治・国政は変わったか』(東信堂, 2009年11月)
ハンナラ党『李明博政権の韓国マニフェスト』(曽根泰教研究室訳)(アスペクト社、2008年7月)
曽根泰教『日本ガバナンス』(東信堂、2008年6月)
曽根泰教・大山耕輔編著『日本の民主主義:変わる政治、変わる政治学』(,慶應義塾大学出版会, 2008年1月)

2011/08/16 最近のマニフェスト大会の経過と予定

1.Conference on the Manifesto Movement: Taiwan, Japan, and Korea 台北、2011年12月17日予定
2.国際学術大会「東アジアの政策インフラとマニフェスト」佐賀県 2011年11月26-27日 予定
3.日韓交流国際学術大会「マニフェストの評価と発展~日韓比較」2009年1月31日

2008/04/08 文字化けについて

シラバスなどが文字化けして読めない場合は、ブラウザのエンコードをUTF-8に設定して下さい。
Internet Explorerの場合:画面上で右クリック→エンコード→Unicode(UTF-8)を選択

2006/12/13 曽根研究室全体像

曽根研究室全体像
files/1165987453.pdf